がん闘病中の八千草薫 所属事務所が温かいファンの励ましに感謝

[ 2019年2月16日 16:46 ]

女優の八千草薫
Photo By スポニチ

 がん闘病中であることを9日に公表した女優・八千草薫(88)の所属事務所がメッセージを発表。八千草への応援メールや手紙が多数届いていることを明かし、温かい励ましに感謝した。

 文書では「この度の病気報道によりまして多大なご心配をお掛け致しまして申し訳ございません。テレビ朝日『やすらぎ刻〜道』、テレビ東京『執事西園寺の名推理』の番組関係者ならびに共演者の皆様。またお声かけ頂きましたにもかかわらずご辞退させて頂きましたお仕事の関係者の方々、改めましてお詫び申し上げます」と丁寧に詫びた。

 「また、多くの励ましのメール・お手紙を頂戴致しましてこの紙面上で恐縮ではございますがお礼申し上げます」と感謝し、「八千草はこれから、静かに穏やかに生活して治療に努めさせて頂きます。皆様にはご理解賜りたく存じます。ありがとうございました」と近況を報告した。

 八千草は所属事務所の公式サイトで経緯を報告。17年末に膵臓がんが見つかり、年明けの昨年1月に手術を受けた。術後の経過は順調で、ドラマや舞台に出演したが、今年に入って肝臓がんが見つかった。医師に相談した上で、しばらく休養することを決めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月16日のニュース