ノンスタ石田 同期のキンコン梶原に激怒した過去「ふざけんなよ。あれはお前があかん」

[ 2019年2月16日 09:49 ]

NON STYLEの石田明(左)とキングコング梶原雄太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(38)が15日夜に投稿された「キングコング」梶原雄太(38)のYoutubeチャンネルの動画に出演。同期である梶原に激怒した過去を語った。

 同期芸人の2人が本音で語り合う人気企画の第2弾。石田は「めっちゃムカついたことあってん、梶原に」と切り出し、「西野がよく分からん天才マジシャンみたいな格好をしだした時に、お前が普通に来たまんまのシャツで(舞台に)出ててん。ほんまにふざけんなよって。あれはお前があかんやん」と私服で漫才をする梶原に激怒していたことを明かした。

 梶原は「おっしゃる通りで、(当時は)キングコングにとってよくない時期で、石田さんが言いたいのはそこで僕が『何してんねん、ちゃんとスーツ着てやろうや』って(西野に)言わなあかんかった」とうなずき、「西野さんはそういう感じになってもうたんやと思って、絵本とかすごく頑張ってた時で、その気持ちも知っていたので西野さんのブランディング的に漫才師よりもそっちが大事なんだなって、邪魔したらあかんと思ってしまった。ここで俺が言うことによって、もっとキングコングが漫才から離れてしまうんじゃないかなって思いがあった」と弁解した。

 続けて、「常にスーツを着て、西野さんに気づいてもらうってことをやったほうがよかった。私服で出ちゃってた時期が半年ぐらいあった」と猛省。石田は「あの時期に西野と飲みに行って、その話をしてちょっと揉めたしな」と笑い話に変えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年2月16日のニュース