吉田鋼太郎「田中圭24時間ドラマ」生放送中の本番撮影に驚き「ヘトヘト。役者の全てが試される」

[ 2018年12月15日 22:19 ]

「田中圭24時間テレビ」生放送中のドラマ本番撮影に臨む吉田鋼太郎(左)と田中圭(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 俳優の田中圭(34)が24時間生出演するインターネットテレビ局「AbemaTV」の特別番組「田中圭24時間テレビ」が15日午後9時、スタート。ドラマ「おっさんずラブ」で共演した俳優・吉田鋼太郎(59)がオープニングアクトを務めた。生放送でリハーサル、撮影を行う前代未聞の企画に百戦錬磨の演技派俳優も目を丸くした。

 今年大ブレークした田中とゲストが24時間で1本のドラマを作り上げる同局史上初の「24時間耐久ドラマ制作」に挑戦。およそ1時間ごとに1シーンを撮影。明日16日の午後7時から撮影、編集したドラマがスタート。ラストは生放送で完結するという。

 テーマは「くちびるウォンテッド」。2018年、さらなるブレークを果たした俳優・田中圭(本人役)。ある日、何者かによって彼の唇に1億円の懸賞金がかけられた。「田中圭とキスした女性には1億円」。この情報はインターネット上で瞬く間に拡散され、田中はさまざまな女性から唇を狙われ、最悪の日を送ることに…というストーリーが展開される。

 吉田は「唇に1億円の懸賞金がかけられた」と田中に伝える謎の男役。ソファに座って語りかける場面では、2人の距離を一気に縮めて寄り添う“おっさんずラブ”なシーンもあった。

 生放送中にセリフ回しの確認、リハーサル、本番と怒とうの勢いで展開。あっという間に撮影した吉田は「もうヘトヘトです。(生放送で)どこがどう流れているか分からなかった。これは普通のテレビの収録より疲れますね」と驚いた様子。田中に対しては「やっぱり圭とやってると安心。なんでも受け止めてくれる。セリフ出てこなかったところがあったけど、うまくやってくれた」と称えた。田中も「オープニングアクトが剛太郎さんで本当よかった。めっちゃ楽しかったです」と感謝した。

 異色の試みに吉田は「これは役者の全てが試されるね。今から吉田羊に電話して“やばいぞ”って伝えようかと」とゲストで出演する吉田羊(年齢非公表)の名を挙げて笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月15日のニュース