ISSA 40歳になっても全力で歌って踊るワケ メンバーからは「化け物」「スーパースター」

[ 2018年12月15日 11:59 ]

DA PUMPのISSA
Photo By スポニチ

 男性7人組ダンス・ボーカルグループ「DA PUMP」が14日放送のTBSのトーク番組「A―Studio」(金曜後11・00)に出演。リーダーのISSA(40)が全力で歌って踊る理由を明かした。

 デビュー22年目のDA PUMPは3年半ぶりの新曲「U.S.A」が大ヒットし、現メンバーとなって、実に10年目でようやくの再ブレークを果たした。この10年について、ISSAは「だいぶ長かったようにも感じますし、自分の性格上、何もできない時はできないで“待て!”だと思う。その間に、いろんなことをためられるかが、勝負だと思っている。チャンスが来た時に一気にスキルが出せればと思っていた」としみじみ。それでも、再ブレークへの思いはかつてブレークを経験していることもあり、「僕はそこまで感じてなかったんですけど、彼らのほうが“いつか”っていうのはあったと思う」と冷静。そんなISSAに、KENZO(33)は「それがあるから、いろんなことを指南してくれるというか、この時にはこうしたほうがいいよ!とかすごい話してくれる」とISSAの存在の大きさを強調した。

 苦しい時間を経て、大ブレークを果たしたDA PUMP。KIMI(35)は「この7年にいろんなステージに立っているのが嬉しい。この7人でいろんなことを経験してきたので」と笑顔。ISSAも「(この10年は)徐々に徐々にですね、一歩一歩」とかみ締めた。

 「U.S.A」は“いいね”ダンスとともに大ヒット。40歳になった今も、ダンスを踊りながら、自慢のハイトーンボイスでしっかりと歌い上げるISSAについて、司会の笑福亭鶴瓶(66)は「踊りながらあの高い声を出すのはすごい」と感心しきり。それには、KIMIも「化け物ですね」と本音をポロリ。KENZO(33)は「正直、尋常じゃないですね、背中から見ているんですけど、光が、スーパースターが出てます」と感嘆。「いいね!ダンスやっている時も絶対にブレない。最初、(振り付けで)手と足、跳ねるじゃないですか?最初は跳ねなくていいって言ったんですけど、次、リハの時にやったらこれしながら(跳ねながら)歌ってくれるんです。(ISSAも)『意外にいけるもんだな』って言ってましたよ」とリーダーへの信頼を口にした。

 そんな言葉を聞きながら、ISSAは「外に対してもそうですけど、内にまずはかましていかないといけない」とキッパリ。これには鶴瓶も「こいつ、凄い!って思われないと付いてけーへん」と太鼓判を押した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月15日のニュース