まつむら真弓 泉岳寺で朗読劇 討ち入りの日に「怪談たたり三味線 不忠の義士」

[ 2018年12月15日 05:30 ]

泉岳寺で朗読劇を開催した、まつむら真弓
Photo By スポニチ

 東映京都撮影所に所属し、「水戸黄門」などテレビ時代劇で活躍する女優まつむら真弓(年齢非公表)が赤穂浪士討ち入りの日の14日、四十七士が眠る東京・高輪の泉岳寺で朗読劇を開催した。

 赤穂藩士の橋本平左衛門が遊女と心中した実話をベースに東映スタッフが創作した「怪談たたり三味線 不忠の義士」をアクションを交えた迫真の朗読で観客を魅了した。

 義士祭でにぎわう泉岳寺での会。まつむらは「大石内蔵助さまがお墓から駆けつけて目の前にいらっしゃるような感覚。大石さまに話しかけるようにやらせてもらいました」と熱演を振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月15日のニュース