剛力彩芽 今年の漢字は「前」 ZOZO前澤氏と熱愛、女優業も「前に一歩進めた」

[ 2018年12月15日 08:39 ]

女優の剛力彩芽
Photo By スポニチ

 女優の剛力彩芽(26)が14日深夜放送のニッポン放送「剛力彩芽 スマイル S2 スマイル」(金曜深夜0・00)の生放送に出演。剛力にとっての今年の漢字を明かした。

 この日は番組初の生放送で、リスナーからの質問に答える形で進行。日本漢字能力検定協会が発表した今年の漢字が「災」であったことから、剛力自身にとっての今年の漢字は何か?との質問を受けた剛力は「『前』ですかね」と、交際中のZOZO代表取締役社長の前澤友作氏(43)の名前の一文字を挙げた。

 剛力は「いろいろご想像する方もいると思うんですが」と前澤氏のことを意識してコメント。そのうえで「私としてはいろいろ今年は話題になりました。本当にちょっとお騒がせもしましたが」と熱愛騒動に触れつつも「役者として、自分を表現する人間として、ある意味、前に一歩進めたかなというものも感じることが凄く多くて、自分の思いというものを前進できたんじゃないかなというのをすごく感じています」とキッパリ。

 さらに「やっと前進できたという感じなので、これからもっと前に進んでいかなきゃなと思って、この漢字がパッと最初に出てきた」と「前」を選んだ理由を説明。それでも「いろんな意味もありますが」と前澤氏のことも含んでいることを匂わせ、締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月15日のニュース