【紅白歌合戦】あいみょん 初出場に感激「ほんまに親孝行できる…今度は感謝を伝える番」

[ 2018年11月14日 13:54 ]

第69回NHK紅白歌合戦

「第69回NHK紅白歌合戦」初出場歌手発表会に出席した、あいみょん
Photo By スポニチ

 NHKは14日、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜同11・45)の出場歌手を発表。デビュー3年目のシンガー・ソングライター、あいみょん(23)の初出場が決まった。 紅白歌合戦 出場歌手

 現在放送されている新垣結衣(30)、松田龍平(35)ダブル主演の日本テレビドラマ「獣になれない私たち」の主題歌担当に抜てきされ一躍注目を集めた、あいみょん。「今朝、決定と報告を受けて。ほんまに親孝行ができるのかなと、親の顔が浮かびました。純粋にうれしいなと」と感激の面持ちで語ると、「この後、(会見が)終わったら、家族と両親と、自分の口から伝えたい。お世話になった方に今度は感謝を伝える番だと思っているので」とあふれる思いを言葉にした。

 整形手術を受けた友人を描いた「○○ちゃん」や、自殺のニュースを見て書いた「生きていたんだよな」など、独特で強烈な作品やその歌詞の世界観が10、20代の間で人気。NHKは3月に「SONGS」でいち早く特集し「実力派」として紹介。紅白でも若年層の視聴者の掘り起こしを期待して、早くから出場オファーを寄せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月14日のニュース