紅白 デビュー1年目で初出場のキンプリ「今年の新人の中でも1番の活躍をされていた」

[ 2018年11月14日 16:52 ]

<「第69回NHK紅白歌合戦」出場歌手発表会>King&Princeの(左から)高橋、永瀬、平野、岸、神宮寺
Photo By スポニチ

 NHKは14日、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜同11・45)の出場歌手を発表し、今年ジャニーズ事務所からデビューした「King&Prince」の初出場を決めた。

 制作統括の渋谷義人氏(49)は今年の選考理由として今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の3点を挙げたうえで、King&Princeについて「King&Princeの皆さんは3点の中でも、今年の活躍という意味で、リリースされた2作ともチャート1位で、今年の新人の中でも1番の活躍をされていた。今年の活躍という意味で、十分活躍されていたと認識しています」と活躍を高く評価した。

 同グループは、先月26日に岩橋玄樹(21)が、パニック障害の治療に専念するため当面活動を休止することを発表している。5人での出演となることに選出に影響は?との質問も飛んだが、「今年の活躍」という意味で「ためらいはなかった。選考基準からお願いした」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月14日のニュース