あいみょん初紅白!14日発表 純烈、Suchmos、キンプリも

[ 2018年11月14日 05:30 ]

シンガ―・ソングライターのあいみょん
Photo By 提供写真

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手が14日、発表される。

 デビュー3年目のシンガー・ソングライター、あいみょん(23)の初出場が決定。現在放送されている新垣結衣(30)、松田龍平(35)ダブル主演の日本テレビドラマ「獣になれない私たち」の主題歌担当に抜てきされ、一躍注目を集めた。

 整形手術を受けた友人を描いた「○○ちゃん」や、自殺のニュースを見て書いた「生きていたんだよな」など、独特で強烈な作品やその歌詞の世界観が10、20代の間で人気。NHKは3月に「SONGS」でいち早く特集し「実力派」として紹介。紅白でも若年層の視聴者の掘り起こしを期待して、早くから出場オファーを寄せていた。

 一方、マダム層のファンが多く“大人のアイドルグループ”として知られる男性5人組「純烈」も初出場が決定した。

 スーパー銭湯でのライブを中心に活動するムード歌謡グループ。結成以来の目標として「紅白出場」を掲げてきた。今年の勝負曲「プロポーズ」は売り上げ10万枚を突破。メンバーの小田井涼平(47)が4月、タレントのLiLiCo(47)と昨年結婚していたことを発表し話題になった。

 初出場組はほかに、今年ジャニーズ事務所からデビューした「King&Prince」や、6人組バンド「Suchmos(サチモス)」。昨年初出場したロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカル、宮本浩次(52)はソロで出場する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月14日のニュース