和田アキ子、西城さんしのぶ「昔は上下関係厳しかったけど」愛称で呼び合う仲

[ 2018年5月25日 20:27 ]

<西城秀樹さん・通夜>弔問に訪れた和田アキ子(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

16日に急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜が25日、東京・青山葬儀所で営まれた。

 親交があった歌手の和田アキ子(68)をはじめ、西城さんとともに「新御三家」と呼ばれた野口五郎(62)、郷ひろみ(62)ら多くの著名人が参列した。

 和田は「レコード会社も一緒で、後輩ですが、何事も一生懸命で、素晴らしい後輩だった。凄い人だなあって」と人柄を称えた。「昔は(芸能界の)上下関係が本当に厳しかったけど、“ヒデキ”“あこさん”って呼び合う仲で…。彼との思い出が走馬灯のようにでてきた。本当につらいですね」と“弟”との別れを惜しんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月25日のニュース