西山奨励会三段が新女王 3勝1敗で初タイトル マイナビ女子オープン

[ 2018年5月25日 05:30 ]

3勝1敗で初タイトルを獲得した西山朋佳奨励会三段
Photo By スポニチ

 将棋の第11期「マイナビ女子オープン」5番勝負の第4局は24日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、挑戦者で後手の西山朋佳奨励会三段(22)が150手で加藤桃子女王(23)を破り、対戦成績3勝1敗で初タイトルとなる女王を獲得した。新女王となった西山は「第2局に勝てて気が楽になり、その後は自分らしい将棋が指せた。女王は重みのあるタイトル。これからも頑張りたい」と語った。

 西山は女流棋士と制度が異なるプロ棋士養成機関の奨励会に在籍。最終関門の三段リーグで女性初のプロ棋士を目指している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月25日のニュース