岩崎宏美「凄いカッコいい先輩だった」 良美と姉妹で西城さん通夜に参列

[ 2018年5月25日 19:58 ]

 16日に急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜が25日、東京・青山葬儀所で営まれた。

 デビュー当時に西城さんとともに「新御三家」と呼ばれた野口五郎(62)、郷ひろみ(62)をはじめ、親交があった歌手の和田アキ子(68)、五木ひろし(70)ら約1500人の関係者が参列。さらに、ファン2500人が列を作った。

 80年代にさまざまな歌番組で共演していた歌手の岩崎宏美(59)と岩崎良美(56)は姉妹で参列。宏美は「凄いカッコいい先輩だったんだなと。まだ信じられないです。いい映像をたくさん見させていただいて、その思い出を大切に生きたい。凄くまじめで、歌に真正面に向かい合っていて、あんなにお腹の底から声を出す歌い手は少ないと思う。本当に残念だけれども、家族を見守って」。良美は「残念です。番組でご一緒したり、いろんなことを思い出しました」と声をつまらせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月25日のニュース