村上佳菜子 羽生の演技で号泣「終わった瞬間、ブワーッて」

[ 2018年2月18日 14:15 ]

元フィギュアスケート女子の村上佳菜子
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子の14年ソチ五輪代表でタレントの村上佳菜子(23)が18日放送のTBSの「アッコにおまかせ!」(前11・45)に生出演。平昌五輪で五輪男子66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)の演技について「これだけ加点が付いているのを見たのは初めて」と称賛した。

 村上は羽生らの演技はテレビで生観戦したといい、「演技の最中はそんなにだったんですけど、歯をかみしめて見ていて、終わった瞬間、ブワーッて(涙が)あふれました」と演技後、思わず号泣したことを告白。泣いている村上の写真も公開され、演技終了直後に金メダルを確信したわけではないとしつつも「本当にやり切った!って顔だった。それが一番望んでいた演技だったので」と涙の理由を明かした。

 村上は、羽生の凄いポイントとして「精神力」「リカバリー力」「出来栄え点」の3つを挙げた。「インタビューの言葉からも強い精神力が出ていたし、(カゲで)2カ月滑れなくて、1カ月の練習でここまでやって、この演技は相当な精神力がないとできない。私は無理。1日でも休むとダメなタイプだったので」とコメント。「本当に要素表を見ても、これだけ加点が付いているのを見たのは初めて。2、3しかなかった」と興奮気味にその演技のレベルの高さを力説した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年2月18日のニュース