PR:

藤井 最年少V&史上初中学生六段「望外の結果。でも自信に」

朝日杯オープン戦で優勝しトロフィーを手に笑顔の藤井五段
Photo By スポニチ

 将棋の中学生棋士、藤井聡太五段(15)がダブル快挙を達成した。17日に東京都千代田区の有楽町朝日ホールで指された朝日杯オープン戦準決勝で、永世7冠の資格を持つ第一人者の羽生善治竜王(47)と公式戦で初対戦し歴史的勝利。さらに決勝では広瀬章人八段(31)を破り、15歳6カ月の史上最年少、中学生として史上初めて一般棋戦優勝と同日付での六段昇段を果たした。

 平昌五輪の氷上も熱かった。有楽町の盤上はさらに燃えたぎっていた。約600人をのみ込んだ大ホールに万雷の拍手が鳴りやまない。タイトル経験者の難敵・広瀬八段を下して優勝を決め、ペコリと一礼した藤井五段、いや六段。彼は本当に15歳なのか。驚がくと祝福が交じり合った喝采は20秒以上も続いた。

 「終わったばかりで実感が湧かないです…。自分でも思ってもみないことでとても驚いています」

 上ずる声とは裏腹に、2局とも堂々の内容だった。国民栄誉賞を授与されたばかりのレジェンド羽生に対した準決勝は、中盤すぎまで互角の展開。だが金2枚に守られた羽生王の頭にいきなり歩を打つ積極策に、さすがの絶対王者も思わずひるんだ。「善悪(の判断)が微妙な手。そのあたりで私がミスしたかもしれない」と悔やむ羽生。偉大な大先輩をも妖しく惑わす悪魔のような一手を経て、終盤は一気の寄りで土俵を割らせた。

 唐揚げ4個入りの弁当にサラダを添え、計841キロカロリーを補給して臨んだ午後の広瀬戦は終始藤井のペース。「際どい展開でしたが、手を切らさず指せてよかった」と汗を拭う一方で、相手の広瀬は「ほぼノーチャンスでした」とうなだれた。

 これで全棋士参加の一般棋戦優勝という条件を満たし、六段に昇格。五段になったのは今月1日だから、たった16日で階段を駆け上がった。会見では優勝賞金750万円の使い道を尋ねられ「特に決めていないが、それで遊ぶことのないようにしたい」とユーモア交じりに苦笑いした。

 「自分の実力的には望外の結果。でも自信になりました。これからもさらなる高みを目指して精進したい」。その高みとは何か。もちろん次のターゲットは史上最年少タイトル(18歳6カ月、棋聖=屋敷伸之現九段)の更新以外にない。あと3年。藤井にとっては十分すぎる。

 ≪出場棋戦減も≫棋士の段位が五段、六段と上がれば基本給や対局料のほか、イベントの謝礼金額も上がることになる。また若手と見なされることが少なくなり、出場できる棋戦が減っていく。藤井は今月の連続昇段により、今年度出場した棋戦のうち四段以下限定の加古川青流戦と五段以下の上州YAMADAチャレンジ杯の出場資格を失った。

 ◆藤井 聡太(ふじい・そうた)2002年(平14)7月19日、愛知県瀬戸市生まれの15歳。杉本昌隆七段門下。5歳で祖父母から将棋を教わる。小4で奨励会入りし、16年9月までの三段リーグを1期で通過。同年10月1日に14歳2カ月で史上5人目の中学生プロ棋士となり、加藤一二三・九段が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えた。17年6月には公式戦連勝記録歴代単独1位の29連勝を達成。得意戦法は角換わり。名古屋大学教育学部付属中3年。

[ 2018年2月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月21日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル