松本人志 筋トレ始めた本当の理由「情けなくなった 俺は何なんだって」

[ 2018年2月18日 11:35 ]

松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(54)が18日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。筋トレを始めた意外過ぎる理由を明かし、驚かせた。

 番組ではネットゲーム依存が病気に認定されるという話題を取り上げた。中国のネット依存の少年のVTRなどを見た松本は「信じてもらえないかもしれないんですけど」と切り出すと「『バイオハザード』とかやっていた時に、登場人物がムッキムキ。あれが嫌になってきたんです。こんなガリガリのきゃしゃな俺が米兵みたいなやつに助けてもらっている、憑依してやっている場合じゃないと。で、本当に筋トレしようと思った」とまさかの告白。

 MCの東野幸治(50)が思わず「違うでしょ!」とツッコミを入れるも、松本は「マジなんです」とキッパリ。東野は「子供ができたから子供を守るために始めた」と以前からの松本の主張を訴えるも、松本は「あんなのウソ、ウソ。本当にウソ。本当に情けなくなってきたのよ。俺は何なんだ!って。やっている自分がほっそいのが許せなかった」と訴えた。

 東野は「依存外来に行ってください」とツッコミ。松本は「俺は更生しているのよ、そういう意味では」とゲームではなく、筋トレにシフトしたことを“更生”だと主張。ただ、「(筋トレ依存症は)そうかも。(やらないと)気持ち悪い」と筋トレ依存症ではあるようだが、「それもやめたくてもやめられない」と肩を落とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年2月18日のニュース