ゆずくん愛聴パンダライオン 再会熱望「ハイタッチしたい」

[ 2018年2月18日 06:15 ]

フィギュア羽生結弦が五輪連覇

パンダライオンと一緒に記念撮影した羽生結弦。左から2番目がKIM(同バンドの公式ツイッターより)
Photo By 提供写真

 羽生と同じ仙台を拠点に活動し、応援歌「君が描くキセキ」を届けたバンド「パンダライオン」のボーカルKIM(36)は「応援させてくれてありがとう」と感謝を述べた。

 同バンドの前身「Hi―Fi CAMP」時代から羽生が愛聴していたことがきっかけで2012年から交流を重ねてきた。この日は仙台市の自宅から声援を送り「次に結弦と会った時に元気よくハイタッチしたい」と再会を熱望した。

 14年ソチ五輪では応援歌「夢に描くキセキ」を作成。今回のために作った「君が描くキセキ」は「夢に描くキセキを超え 紡ぐ明日へ」などとソチ後の4年間の軌跡を歌に込めた。今月6日に羽生のLINEに音源データを送ると「(Hi―Fi CAMP時代の曲)ヒカリに雰囲気が似ていますね。凄く励まされます」と返ってきた。

 13日の公式会見では羽生が「夢に描いた演技」と歌詞を想起させるフレーズで意気込んだことについて「僕らの曲を聴いてくれた中で自然に出てきた言葉だったらうれしい」と声を弾ませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年2月18日のニュース