織田信成 後輩のワンツー快挙に「1リットル2リットルでは足りないぐらい泣いた」

[ 2018年2月18日 08:36 ]

織田信成
Photo By スポニチ

 プロスケーターでタレントの織田信成(31)が18日、テレビ朝日「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に生出演。平昌五輪男子フィギュアで、日本フィギュア界史上初のワンツーフィニッシュを飾った羽生結弦(23=ANA)と宇野昌磨(20=トヨタ自動車)の快挙に笑顔を見せた。

 番組MCの東山紀之(51)は「ワンツーが本当になると燃えますよね。いい金メダルを見せていただきました」と祝福。後輩の快挙を見守った織田も「いや〜泣きましたね。1リットル2リットルでは足りないぐらい泣きました」。ネットでもスタンドで号泣する織田の姿が上がり、話題になっていたが、「本当にうれしかったです。歴史的な瞬間だったと思います」と大興奮だった。

 番組には、羽生と宇野も生出演。後半には、眠そうな表情を見せる宇野に織田が「昌磨起きて!」と呼びかける姿もあり、織田が「宇野くんは何よりも眠さが敵なんです…」とフォローを入れる微笑ましい姿にスタジオは笑いに包まれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年2月18日のニュース