吉川愛、初写真集で初水着!自己採点は「120点 羽生くんを超える出来ばえ」

[ 2018年2月18日 12:28 ]

初写真集「i」発売記念イベントを開催した吉川愛
Photo By スポニチ

 女優の吉川愛(18)が18日、都内で写真集「i」(ワニブックス)発売記念イベントを開催した。

 前日、平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりに連覇を達成した羽生結弦選手(23)の演技を「テレビで観ていた」といい、「足のけがをしていた感じをみせずにキレイなジャンプで感動した。金メダルで本当にうれしかった」と語った。

 2016年に4月に芸能界を引退したが、約1年のブランクを経て昨年復帰。現在は「リラックスしてやっています」と笑顔をみせ、今回初めて出版する初の写真集に「いろんな表情がつまってる。いい写真集になった」とご満悦だった。

 写真集では初の水着ショットも披露しているが「恥ずかしくなかった。抵抗なかった」と吉川。昨年9月に自身の希望で三宅島で撮影を行ったが「5時に起きて釣りに連れてってもらった。釣れたのは大縄跳びの大縄だったり、ビニールだったりで魚じゃなかったけど釣りが1番面白かった」と思い出を振り返った。「高校最後の夏休み」がテーマの同写真集。好きではないという自分の横顔の写真も「1番いい」と太鼓判を押す。自己採点を聞かれると「120点!100点を超えています」と胸を張り、「羽生くんを超えるくらいの出来ばえです」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年2月18日のニュース