高倉健さん所属事務所 中国に感謝のメッセージ 

[ 2014年12月24日 17:53 ]

 11月に死去した俳優高倉健さんの所属事務所は24日、中国のファンとメディアに向けて「温かい思いを寄せ続けてくださる皆さまの報に接するたび、高倉が最後まで紡ぎ続けた優しさという名の絆を思わないではいられません」と感謝を伝えるメッセージを発表した。

 中国では1970年代後半に高倉さんの主演映画「君よ憤怒の河を渉れ」が公開され、絶大な人気を博したほか、張芸謀監督の「単騎、千里を走る。」にも主演。中国各紙やテレビは高倉さんの死去を、1面や特集で大きく報道。対日強硬姿勢を続ける中でも中国外務省は哀悼の意を示した。

 高倉プロモーションはメッセージに「映画は、言葉を越え、国境を超える。今ごろ(高倉さんは)205本の映画のロケ地をゆっくり巡っていることでしょう。いずれ中華人民共和国、雲南省麗江、玉龍雪山にかかる雲の上から、雄大な景色を味わうのではないかと存じます」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年12月24日のニュース