京都南座で勘三郎さん命日 勘九郎しみじみ「少しつらかった」

[ 2014年12月24日 08:00 ]

勘三郎さん孫 平成中村座に初お目見え

 勘九郎、七之助兄弟は現在、2年前、勘三郎さんの悲報を聞いた京都南座「顔見世興行」に出演中。命日の今月5日を同劇場で迎えた。勘九郎は「あの時のことがフラッシュバックして少しつらかったですが、今年は父の追善もやらせていただいたり、幸せな毎日に感謝してます」としみじみ。七之助は「終演後に父の写真を持って、兄と一緒に父の愛した店を8軒ハシゴしました」と明かした。

 来年の浅草寺境内の仮設劇場での公演は、08年以来7年ぶり。劇場内に勘三郎さんの写真、思い出の品などを飾るプランも検討中。勘九郎は「父が好きだったディズニーランドの隠れミッキーのように、“隠れ勘三郎”を作りましょうか。それを見つけた人には何かプレゼントしましょうかね」と笑顔で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年12月24日のニュース