ふなっしー アルフィー公演で2メートル転落も「大丈夫なっしー」

[ 2014年12月24日 05:35 ]

日本武道館でライブを行った「THE ALFEE」とゲストで登場したふなっしー

 ロックバンド「THE ALFEE」が23日、日本武道館で全国ツアーの東京公演を行い、ゲスト出演した千葉県船橋市の非公認キャラクター、ふなっしーが高さ約2メートルのステージから転落するハプニングがあった。

 高見沢俊彦(60)が作曲、プロデュースを手がけた新曲「梨空レインボー」を舞台前方のせり出しで歌唱中、勢いあまり落下。激しく叩きつけられた衝撃でしばらくもん絶し、係員数人に支えられ退場した。アルフィーは約3分間、歌なしの演奏を続け、ふなっしーは曲終盤で舞台上に再登場。「全然大丈夫なっしー!これが本当のイリュージョンなっしー!」と跳びはねた。

 高見沢は「こんなにひやっとした武道館初めてだ」と驚いていた。スタッフによると、ふなっしーに大きなケガはなく、病院にも行かなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年12月24日のニュース