仲間由紀恵主演「SAKURA~事件を聞く女~」最終回は5・8%

[ 2014年12月24日 11:26 ]

「SAKURA~事件を聞く女~」で主演した仲間由紀恵

 仲間由紀恵(34)主演のTBS系連続ドラマ「SAKURA~事件を聞く女~」(月曜後8・00)の最終回が22日に放送され、視聴率が5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。

 初回9・9%、第2話10・0%、第3話8・5%、第4話8・4%、第5話8・1%、第6話7・6%、第7話7・7%、第8話6・2%、第9話8・0%と推移した。全10回の平均は8・0%だった。

 弱者の“声”を聞いて、悪を成敗する極秘潜入捜査官・水沢桜の活躍を描く痛快エンターテインメント。仲間が演じるヒロイン、水沢桜は警察の生活安全課防犯係に所属しながらも、署長の特命で自らの“聞く力”を生かし、事件の真相を探る潜入捜査官。コミュニティーFM局の覆面DJという顔も持つ桜とコンビを組む熱血刑事は佐藤隆太(34)が演じた。

 そのほかの共演は、大野拓朗(25)草笛光子(80)高島礼子(50)木野花(66)ら。元祖アクション女優として知られる志穂美悦子(58)と歌手の長渕剛(58)の長女、文音(26)が仲間の妹役で激しいアクションに挑戦していることでも注目を集めた。

 最終回では、高岡奏輔(32)が3年半ぶりにテレビドラマに出演したことが話題となったが、数字には結びつかなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2014年12月24日のニュース