松潤、スタパで紅白司会に意気込み「勝って終わりたい」

[ 2014年12月24日 13:30 ]

 嵐の松本潤(31)が24日、同局のトーク番組「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演、白組司会を務める第65回NHK紅白歌合戦(31日後7・15)について語った。

 嵐の紅白司会は5年連続となるが、松本は「慣れないですね。毎回、緊張します」と感想を漏らし、初司会だった第61回紅白の時は「バクバクでした。今なお慣れないですけど、心臓が飛び出そうなくらい緊張しました」と振り返った。

 また、紅組司会の吉高由里子(26)については「よく見ているし、サービス精神旺盛な方」と印象を語った。「僕らはグループでやらせてもらっているからできる。もし『白組司会 松本潤』だったら絶対に無理」とも。

 司会を務めた過去4回は3勝1敗と勝ち越しており、やはり勝敗は「気になる」という。「負けた時は疲労感がすごかった。勝って(1年を)終わりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2014年12月24日のニュース