ウルトラマンギンガS根岸拓哉 最終回終え「素敵なパートナー」

[ 2014年12月24日 12:25 ]

ウルトラマンギンガS主演の根岸拓哉

 テレビ東京系6局ネットで放送され、23日に最終回を迎えた「ウルトラマンギンガS」(火曜後6・00)で主人公の礼堂ヒカルを演じた俳優の根岸拓哉(18)が24日、自身の公式ブログを更新し、「ギンガは素敵なパートナー」と思いをつづった。

 根岸は「なんなんだろうこの感情。言葉で表現するのは難しいけど。寂しいというかスッキリしたのか…わからないっすわ」と心境を吐露。「でも『終わったよ』って誰かに言われた気がしました」と、少し寂しげなコメントも。

 「(俳優の)仕事を始めた時から『絶対にヒーローをやりたい』と言っていました」と、ずっとヒーローものへの憧れを抱いていたこと、何度かオーディションを受け、落ちていたことも明かし、「やっと手に掴んだ。ヒーロー。それが16歳の時に出会ったギンガでした。今となってギンガは素敵なパートナーです」と振り返った。

 また「素敵な仲間との出逢いがありました。素晴らしく自慢できる仲間ができました」と、共演者を紹介。中でもウルトラマンビクトリーに変身するショウを演じた宇治清高(21)に対しては「あなたがビクトリーで、ショウでよかったです。素敵な相棒です」と称賛した。

 その後も共演者やスタッフ、関係者への感謝をつづり、最後は「ギンガの世界から離れても、ずーっと冒険がつづきます。これからもどうぞ宜しくお願いいたします」と結んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年12月24日のニュース