夢はアイドル!50歳未知やすえ“AKB衣装”でブリッ子ダンス

[ 2013年8月8日 08:06 ]

50歳のバースデーイベントでAKB顔負けのフリフリ衣装で登場した未知やすえ

 吉本新喜劇の未知やすえが、50歳の誕生日を迎えた7日、大阪・なんばグランド花月で初の単独イベントを行った。

 オープニングではくしくも大阪公演中のAKB48をほうふつさせるフリフリ衣装で10代のダンサーを従え登場。ブリッ子ダンスに歌を歌いながらの演出に、直後のMCは息を切らしながら「すいません、1分間お待ちください」。それでも「私、本当はアイドル歌手になりたくて…」と続けて爆笑を誘い「ここ、笑うところじゃないんですよ。本当にいろいろオーディション受けて全部落ちて、通ったのが吉本だけだったんです。でもまだ歌手になる夢は捨てていません!」とやってさらに笑いを誘い会場を盛り上げた。

 ステージでは夫の内場勝則(52)と夫婦役で新喜劇を行い、念願のチアリーディングを披露するなど盛りだくさんの“誕生日会”となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年8月8日のニュース