アンガールズ田中 矢作の事故に動揺も「早く治してほしい」

[ 2013年8月8日 12:31 ]

「やっぱり、おしい!広島県」記者発表会に登場した(左から)山根良顕、田中卓志、河原さぶ、湯崎英彦広島県知事、戸田菜穂、LiLiCo
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンガールズ」が8日、都内で行われた広島県のPRイベント「やっぱり、おしい!広島県」記者発表会に出席。前日7日にオートバイで転倒し、右腕骨折の重傷を負った「おぎやはぎ」の矢作兼(41)に励ましの言葉を送った。

 報道陣からコメントを求められた田中卓志(37)は、矢作の事故について知らなかった様子で「えっ、そうなんですか」と動揺。それでも、命に別状がないことを知ると「大事取ってしっかり早く治してほしい」と早期の回復を祈った。ニュースで知っていたという山根良顕(37)は「しゃべれれば、あの人大丈夫だから」とけがが仕事に影響を与えないと推測しながら、「(お見舞いは)時間があれば行きたい」と話した。

 広島県出身の「アンガールズ」の2人は観光PRビデオに出演。田中は同じ広島出身の女優・戸田菜穂(39)の恋人役を演じたことに、「今まで気持ち悪い役しかやったことない」と大照れ。劇中で1年半も練習しているというバイオリンの腕前を披露するも、みじめな出来に苦笑い。しかし、共演者たちに「味があった」とほめられ、「広島の人たちは優しい」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年8月8日のニュース