尾木ママがドラマ初出演 「Oh、My Dad!!」で本人役

[ 2013年8月8日 16:47 ]

「Oh、My Dad!!」でドラマ初出演を果たした教育評論家の尾木直樹氏

 俳優の織田裕二(45)が初の父親役に挑戦しているフジテレビ系ドラマ「Oh、My Dad!!」(毎週木曜後10・00)の8日放送の第5話に、「尾木ママ」の愛称で親しまれている教育評論家の尾木直樹氏(66)がゲスト出演することが分かった。

 尾木氏はドラマ初出演。教育評論家としての本人役を演じ、フジテレビ系「アゲるテレビ」(毎週月曜~金曜後1・58~3・30)に出演し「理想の父親像」について話すという設定。尾木氏はドラマ出演を決めたことに「僕は、興味のあることや、新しいことに対して、やりたがり、出たがりなので、今回もやってみようと思いました」と前向きにとらえ、本人役についても「ドラマの中に登場できるなんて、かっこいいじゃない」とコメントした。

 ただせりふ覚えには少し苦労はあったようで「車中で台本を読んで覚えていたら、“そんなに難しくないな”と感じたのですが、秘書さんを相手にセリフを言おうとしたら、“あれっ”となって、セリフが出てこないんです」と秘書に心配されたエピソードを明かし、「逆に秘書さんの方がセリフを完ぺきに覚えてしまいましたね」と笑わせた。

 それでもさすがは尾木ママ。出演部分は実際の「アゲるテレビ」収録スタジオで軽部真一アナ、佐々木恭子アナ、中村光宏アナと共に撮影されたが、堂々たる演技を披露した。だが、普段テレビに出演馴れしている尾木氏でもドラマ収録の現場は勝手が違った様子で「普段の情報番組や生放送の番組とは、張り詰めた空気感がまったく違って、今まで味わったことのない緊張感でした。共演させていただいた軽部真一アナ、佐々木恭子アナ、中村光宏アナの雰囲気も、いつもと微妙に違っていましたね」と振り返った。

 織田が演じるシングルファーザー新海元一が職探しのために訪れたハローワークの待合スペース。そこで見たテレビの「アゲるテレビ」に出演している尾木が「理想の父親像」について語った話に大いに感銘を受けるという展開。果たして尾木ママは何を語っているのか?放送が楽しみである。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年8月8日のニュース