横山ユーキャンでセンター!新ユニットお披露目

[ 2013年8月8日 06:00 ]

発表された初センターの新曲を披露した横山由依(中央)

 AKB48が7日、京セラドームで5大ドームツアー大阪初日公演を行い、京都府出身の横山由依(20)がセンターを務めるユニット曲「見えない空はいつでも青い」(ユニット名、発売日未定)を初披露した。通信教育「ユーキャン」の企画で6月、調剤薬局事務の資格を取得した“ご褒美”。大島優子(24)、高橋みなみ(22)、島崎遥香(19)ら8人を従え、「センターの楽曲は初めてでうれしい」と笑顔を見せた。

 同曲はユーキャンのCMソングにも決定し、お披露目と同時にCM撮影も実施。横山が羽織っていた白衣を大胆に脱ぎ捨てる演出もあり、3万人のファンを沸かせた。

 NMB48は、チームNオリジナル公演(開催時期未定)で起用予定の楽曲「青い月が見てるから」(仮題)を初歌唱したほか、10月12、13日に大阪城ホールで「3周年記念特別公演」を開催することも発表した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年8月8日のニュース