あまちゃん舞台の久慈で「北リアス娘」を選出

[ 2013年8月8日 18:35 ]

「北リアス娘コンテスト」で海女姿を披露し「じぇじぇ」と叫ぶ、書類選考を通過した参加者

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台、岩手県久慈市で8日、「北リアス娘コンテスト」が開かれ、書類審査を通過した10人の中から、審査員の投票により北リアス娘3人が選出された。

 3人は久慈市在住や出身の17~22歳。このうち同市出身の大学4年、大畑美咲さん(22)=岩手県滝沢村在住=は地元に看護師として戻ることを目指し就職活動中で「久慈の魅力を発信したい」と話した。

 コンテストは岩手県北部のリアス式の美しい海岸線のような女性を選ぶもので、25人が応募し、書類審査で10人に絞り込まれた。この日の審査で海女のかすりはんてんを身に着けた10人が登場すると、観客約300人が拍手で迎えた。10人は「久慈をもっと有名にしたい」と参加動機を強調したり「あまちゃん」でおなじみのフレーズ「じぇじぇ」と叫んだりして自己PRした。

 コンテストは久慈商工会議所が企画。この日参加した10人は全員がイベントなどで市の観光PRを担う予定だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年8月8日のニュース