横山由依の初センター曲お披露目 ユーキャン資格取得のご褒美

[ 2013年8月8日 06:00 ]

初めてセンターを務めた横山由依(後列中央) (C)AKS

 AKB48が7日、京セラドームの公演1日目を行い、横山由依(20)が初めてセンターを務めた「見えない空はいつでも青い」を初披露した。

 同曲は横山が資格挑戦プロジェクト「AKB チャレンジユーキャン!」で調剤事務管理士の資格に挑戦し、見事合格を果たしたご褒美。アンコールの1曲目として高橋みなみ(22)、大島優子(24)ら8人のメンバーとともに登場して披露した。

 調剤事務管理士の資格を取得したということに合わせて着ていた白衣を脱ぎ捨てるとアップテンポな曲がスタート。。”出来ないことはない”という、今回の挑戦にふさわしいメッセージが込められた歌詞を笑顔で歌い上げ、初センターとして会場を盛り上げた。

 「見えない空はいつでも青い」は18日から放送されるユーキャン新CMのテーマソングとして使用されることも発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年8月8日のニュース