オリックス・中嶋監督「0―1でも完全試合やられても負けは負け。明日が一番大事」大敗にも逆襲誓う

[ 2024年5月29日 22:10 ]

交流戦   オリックス0-14広島 ( 2024年5月29日    マツダ )

<広・オ>オリックス・中嶋監督(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 就任後最多の14失点で4連敗を喫し、こちらも最多の借金8となったオリックス・中嶋監督は、惨敗を正面から受け止めながら、逆襲を誓った。

 「0―1で負けても、ノーヒットノーランやられても、完全試合やられても、それは負けは負けだし、逆に明日しっかり切り替えてやりやすくなるかなと思いますし。明日の戦い方が、一番大事になってくるんじゃないですかね」

 先発の田嶋が4回8安打6失点と誤算。中継ぎ陣も広島打線につるべ打ちにされた。

 「そりゃ苦しいですよ。一気に返すと言っても難しいし、本当に相手投手がめちゃくちゃいいんで、僅差で止めないといけないところを、ああいう形になったら難しい」

 負傷者や離脱者が続出し、さすがの3連覇監督でもやりくりが非常に難しい現状。作戦面もなかなか、はまらず「細かくいろいろありますからね。それがうまくできていないということは、こちらの指導不足。こういう展開になって声かけに行く場面も難しいですけど、それでもやっていかないといけない」と、窮状打破へ全身全霊を傾ける覚悟だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月29日のニュース