ロッテ・佐々木朗希 1軍に帯同して練習参加 ヤクルト・村上らと談笑 28日に出場選手登録抹消

[ 2024年5月29日 17:11 ]

<ヤ・ロ(2)>試合前、村上と話し込む佐々木(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 28日に出場選手登録を抹消されたロッテ・佐々木朗希投手(22)は、29日に1軍に帯同して練習に参加した。

 練習前には、昨年のWBC優勝メンバーのヤクルトの中村、村上と話し込むシーンもあった。今後も1軍に帯同して調整を続ける。

 今季序盤は昨季までに比べると、球速は抑え気味の登板が続いていたが、ここ2戦はともに「初回から全力で投げていけたら」と臨んだ。いずれも今季最速の162キロを計測し、160キロ超が12球など、出力を上げていた。しかし吉井監督が「トレーナーから連絡を受け、本人も回復が遅いと言っていた」と話していたように、球団は「上半身の疲労の回復が遅れているため、大事をとって一旦抹消」と理由を発表した。広島3連戦(マツダ)が始まる6月7日以降に再登録可能で「広島で投げられると思う」と指揮官は語っていた。

 佐々木は今季8試合に登板し4勝2敗、防御率2.18。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月29日のニュース