西武・隅田 足つって走塁で転倒も 執念8回無失点3勝目 「絶対1点守り切るぞと…出し切った」

[ 2024年5月29日 21:48 ]

交流戦   西武1-0中日 ( 2024年5月29日    バンテリンD )

<中・西>スタンドの声援に手を振って応える隅田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 西武の隅田知一郎投手(24)が8回無失点の好投。7回の打席で走り出す際に転倒するアクシデントもあったが、その後も粘投して今季3勝目を挙げた。

 7回の打席で二ゴロに倒れ、一塁に走り出したところで転倒。けいれんしたことを明かした左腕は「やるしかなかったので、絶対いくぞと。1点を守り切るぞという気持ちで投げた」と気持ちで乗り切った。

 捕手の古賀とコミュニケーションを取りながら組み立て、中日打線をわずか4安打に抑えた。完封勝利目前での交代にも「いやー、8回で出し切ったんで」と納得顔だった。

 自身の連敗を4で止め、4月6日の日本ハム戦(エスコンF)以来となる今季3勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月29日のニュース