西武・渡辺監督代行 11年ぶり白星お預け 中村剛10年ぶり一塁起用も実らず

[ 2024年5月29日 05:30 ]

交流戦   西武0-3中日 ( 2024年5月28日    バンテリンD )

<中・西>ベンチで指さす渡辺監督代行(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 11年ぶりにユニホームに袖を通した西武の渡辺監督代行だったが、初陣を飾れず連勝は2で止まった。打撃不振だったコルデロを1軍昇格させ「7番・左翼」、DHがないセ・リーグ開催試合で中村剛を14年5月21日以来となる一塁で起用するなど、貧打解消に動いたが、裏目に出た。

 3回先頭の岡林の左前打を、守備に不安があるコルデロが後逸して無死二塁。続く高橋宏の投手前への犠打を今井が三塁に悪送球して先制点を献上するなど主導権を握られ「ミスが出てしまったのが大きな部分。(コルデロは)リスク覚悟で使っている。痛いミスではあったけど…」と指揮官は視線を下げた。

 成績不振で松井監督を事実上の解任となる休養とし、GM兼任でチーム再建を託された。「下から追いかけるしかない。ファイティングポーズを取っていかないと」と残り97試合を見据えた。(福井 亮太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月29日のニュース