張本勲氏 試合前セレモニーで始球式「感無量だね」 王氏との一番の思い出は「世界記録を見た時」

[ 2024年5月29日 05:30 ]

交流戦   巨人0-2ソフトバンク ( 2024年5月28日    東京D )

<巨・ソ>ファーストピッチを行う張本氏(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 張本勲氏(83=本紙評論家)が試合前セレモニーでファーストピッチを務めた。「感無量だね。王ちゃんは同学年でね、18から付き合ってたんですよ」とつえをつきながらグラウンドに姿を見せた。一番の思い出について問われると「やっぱり世界記録を見た時。跳び上がりましたよ。うれしかったね」と自身は4番で、目の前で3番の王球団会長が放った通算756号の瞬間を懐かしんだ。

 また、セレモニアルピッチを務めた巨人前監督の原辰徳オーナー付特別顧問(65)はストライク投球を披露。「ジャイアンツのみならずプロ野球に、もっと言えば日本のスポーツ界、全てにおいてという点で、大変な大先輩」と王会長への敬意を表した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月29日のニュース