日本ハム・伊藤大海 1死満塁の大ピンチ切り抜けた!阪神は3者残塁「強気にシビれた」

[ 2024年5月29日 19:08 ]

交流戦   日本ハム―阪神 ( 2024年5月29日    甲子園 )

<神・日(1)>初回、大山を中飛に仕留める日本ハム先発・伊藤(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 日本ハムの伊藤大海投手が1死満塁の大ピンチを無失点で切り抜けた。

 2点リードの3回、木浪、近本の安打と中野への四球で1死満塁のピンチを招いた。

 ここでパ・リーグきっての強心臓・伊藤が本領を発揮。

 森下を内角へのツーシームで見逃し三振に仕留めると、大山は132キロスライダーで左飛に打ち取った。

 ネットではファンが「引き上げる姿かっこいい」「強気にシビれた!」「大山VS伊藤みごたえあった」と称えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月29日のニュース