西武 トリックプレー「2度はやられない」ロッテが仕掛けたダブルスチールを阻止!

[ 2024年5月22日 18:45 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2024年5月22日    ベルーナD )

<西・ロ(8)>ベンチの松井監督(左端)ら西武首脳陣 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武が3回2死一、三塁で仕掛けられたダブルスチールを阻止した。

 一塁走者の高部がスタートを切って、隅田が一塁手へ送球。その瞬間、三塁走者の岡が遅れてスタートを切ったが、一塁手の平沼は落ち着いて本塁で岡の生還を阻止した。

 この日と同じ隅田が先発だった15日の日本ハム戦では同様のケースで三塁走者の生還を許していた。

 トリックプレーにも「2度はやられない」と、西武が意地を見せた形だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース