元大谷の同僚・フレッチャー 違法賭博疑惑で本格調査開始

[ 2024年5月22日 01:30 ]

デービッド・フレッチャー(AP)
Photo By AP

 大リーグ機構が、昨季までエンゼルスで大谷の同僚だったデービッド・フレッチャー内野手(29)の違法賭博疑惑の調査を開始したと、スポーツ専門局ESPNが20日(日本時間21日)に伝えた。

 元通訳で、銀行詐欺などの罪に問われている水原一平被告と同じ違法賭博の胴元を通じ、賭けていたとされる。関係者の話として、今季はブレーブス傘下のマイナーに所属するフレッチャーはスポーツ賭博は行ったが、野球には賭けていないと報じていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース