西武・今井 右手出血のアクシデント…今季最短5回5失点で初黒星 チームは6連敗

[ 2024年5月22日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―5ロッテ ( 2024年5月21日    ベルーナD )

<西・ロ>初回、右手をユニホームで拭う今井(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・今井が今季最短の5回を9安打5失点で初黒星を喫し、チームは6連敗。ロッテには7戦全敗となった。

 初回、右手から出血するアクシデントに見舞われ、四球を挟んで6連打を浴びるなど5失点。打者一巡の猛攻を許し「ランナーをためないように気をつけたけど、初回はイメージ通りの試合運びをできなかった」と悔しがった。

 借金は今季ワーストの15。松井監督は「出血は大丈夫。早いカウントから狙われたけど、次に生かしてほしい」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース