プロ8年目の阪神・大山が先制左前打で通算500打点到達 生え抜きでは岡田彰布らに並ぶ球団最速

[ 2024年5月22日 18:22 ]

セ・リーグ   広島ー阪神 ( 2024年5月22日    マツダ )

<広・神> 初回2死二塁、阪神・大山は先制適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・大山悠輔内野手(29)が広島戦の初回に先制の左前適時打を放ち、プロ8年目で通算500打点に到達した。2死二塁から森下の内角カットボールを鮮やかにはじき返した。

 生え抜き選手のプロ8年目での到達は、田淵幸一、掛布雅之、岡田彰布に並ぶ球団最速タイ。虎の4番がまた一つ、歴史にその名を刻んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース