中大 劇的サヨナラ勝ちで首位に!自力Vの可能性残す

[ 2024年5月22日 05:00 ]

東都大学野球・第3週第3日   中大2―1日大 ( 2024年5月21日    神宮 )

<中大・日大>延長10回サヨナラ勝ちで中大が勝ち点を獲得(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 3回戦1試合が行われ、延長10回タイブレークの末に中大が日大に2―1でサヨナラ勝ちし、勝ち点を4に伸ばして首位に立った。延長10回無死満塁から登板した左腕・岩城颯空(はくあ)投手(3年)が好救援。無失点に抑え、劇的勝利につなげた。優勝の可能性は青学大と中大に絞られ、24日からの直接対決で勝ち点を奪ったチームが優勝となる。

 中大が劇的勝利で自力優勝の可能性を残した。岩城が同点の延長10回無死満塁から登板。先頭をスライダーで空振り三振に仕留めると、その後は最速146キロの直球で押し込み無失点で切り抜けた。3試合連続の勝利投手となった左腕は「絶対に抑えると思って気持ちで投げました」と汗を拭った。未消化となっている24日からの青学大戦はすでに1敗しており、優勝へは連勝するしかないが「ここまで来たら必ず勝ちたい」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース