ソフトバンク・山川 先制11号3ラン 京セラDのホームゲームで「どすこい」!

[ 2024年5月22日 18:25 ]

パ・リーグ   ソフトバンクー楽天 ( 2024年5月22日    京セラD )

<ソ・楽>1回1死一、三塁、山川は左越えに3点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 首位・ソフトバンクは22日、京セラDで楽天と対戦。初回、山川穂高内野手(32)が11号となる先制3ランを放った。

 楽天の先発・荘司が投じたやや内寄りの153キロをフルスイング。京セラドームの左中間へ放り込んだ。

 チームは前日、先発全員安打4月13日・西武戦での11得点を更新する今季最多得点21-0で大勝。20得点以上での完封勝利は04年5月15日ロッテ戦(21―0)以来20年ぶりの快挙となった。

 この日は「白のキセキ 2024」として行われた。

 ダイエー時代の2004年7月19日・オリックス戦で当時プロ野球界初となるユニフォーム配布イベント「白の奇跡 福岡ドームからの挑戦」を開催。

 今回も、原点のホームユニホームで「ドームを白一色に染める」という企画が行われ、来場者に白のユニホームが配布された。

 ▼山川 打ったのは真っすぐ。追い込まれてからは外野フライでもと意識を変えました。先制のホームランとなって良かったです。勝ちにつなげていけるように援護していきたいです。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース