仙台南はベスト8で敗退 松木健林監督は「粘り強い戦いでロースコアに」と夏を見据える

[ 2024年5月22日 15:02 ]

春季高校野球宮城県大会準々決勝   仙台城南7―0仙台南 ( 2024年5月22日    仙台市民 )

試合後に取材対応する松木監督(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 接戦を勝ち抜き8強に進出していた仙台南は0―7で仙台城南に7回コールド負けした。守備のミスが重なった2回に許した一挙6失点が痛かった。

 松木健林監督は「立ち上がりからゲームセットまで(守備を)しっかりやり続けるしかない。みんなで戦うことが常にできればいいと思います。先輩たちも頂点を目指してやってきて、その思いを知っている子たち。私立は力がありますけど、粘り強い戦いをしてロースコアに持ち込めば本当に分からない」と夏を見据えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース