フィリーズ 左腕スアレスが無傷の開幕9連勝 2度MVPのハーパーも「信じられないよ」と称える

[ 2024年5月22日 18:40 ]

インターリーグ   フィリーズ5―2レンジャーズ ( 2024年5月21日    フィラデルフィア )

<フィリーズ・レンジャーズ>好投したランヘル・スアレス(AP)
Photo By AP

 28歳左腕の勢いが止まらない。

 レンジャーズ戦に先発したフィリーズのランヘル・スアレス投手が7回を5安打1失点で10奪三振の快投。開幕から無傷の9連勝を飾った。

 今季9勝はもちろん両リーグトップ。防御率1・36は今永(カブス)の0・84に次ぐ2位に付けている。

 地区首位のチームも4連勝。勝率・714(35勝14敗)は全30球団で唯一の7割超えで、スアレスもその快進撃を支える一人だ。

 ベネズエラ出身の左腕。22年のシーズン10勝が自己最多で、昨季は4勝に終わった。

 今永同様にチェンジアップが大きな武器。大リーグ公式サイトは「自分はできる限り最高の仕事をしようとしているだけ。チームが勝利をつかめるよう、試合が接戦になるように努める。それが一番重要だ」とのコメントを伝えた。

 ロブ・トムソン監督は「彼は歴史的な快進撃、素晴らしいピッチングを続けている」が称えれば、MVP2度のブライス・ハーパーも「信じられないよ。彼は試合に勝つために何が必要か、ピッチングの仕方を知っているんだ」と驚きとともに称賛した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース