中日・田中がプロ初本塁打! 記念球は「ロッカーに忘れて来ちゃった」1メートル66の小兵が豪快先制ソロ

[ 2024年5月22日 05:45 ]

セ・リーグ   中日1―1巨人 ( 2024年5月21日    東京D )

<巨・中>7回、先制ソロを放ち、立浪監督(右)に迎えられる田中(左)(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日・田中がプロ初本塁打を放った。0―0の7回1死、山崎伊の高め138キロカットボールを左翼席へ先制ソロ。「入ると思わなかったので全力で走りました」。亜大3年だった21年8月に潰瘍性大腸炎を発症し大腸全摘術を受け競技復帰。1メートル66の小柄な体で大病を克服した背番号2が豪快なアーチを描き、「記念球はもらいました。あ、でもロッカーに忘れて来ちゃった。帰った時に親に渡せたら」と振り返った。

 1―1の10回2死一、三塁で岡林が空振り三振に倒れるなど好機を逸し今季5度目の引き分け。立浪監督は「(田中のプロ1号は)びっくりしました。その1点を何とか守り切りたかったが、投手陣は粘ってくれた。負けなかったことはよかった。明日また頑張ります」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月22日のニュース