×

ヤクルト・奥川 3年目は「軽量化グラブ」で挑む 新人に助言「自分のペースで」

[ 2022年1月26日 05:30 ]

自主トレの合間に笑顔をみせる奥川(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・奥川が「軽量化グラブ」で3年目に臨む。埼玉・戸田の球団施設で自主トレを行い「気持ち軽めに。軽い方が投げやすい感じがしたので試してみようと」と語った。形状は昨年と同じ巨人・菅野モデルだがアンバサダー契約を結ぶミズノ社に10~20グラムの軽量化を要望。今後に手元に届き、キャンプで感触を確かめていく。

 25日は新人たちが合同自主トレを行っていた近くで、キャッチボールなどで調整。自身は新人合同自主トレ期間は右肘炎症でノースロー調整だっただけに「焦る気持ちが凄く強かった」と振り返る。それでも2年目の昨季に9勝するなど急成長。「今思うと焦らずにゆっくりやってよかった。自分のペースでやることが大切」と新人に助言も送った。(青森 正宣)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月26日のニュース