×

阪神・浜地 “千賀の一声”でフォーム修正 肘の位置を指摘され「やるべき方向性が見つかった」

[ 2022年1月26日 05:30 ]

フォーム修正に着手している阪神・浜地
Photo By スポニチ

 阪神・浜地が、“千賀の一声”でフォーム修正に着手していることを明かした。昨年に続き沖縄・宮古島でソフトバンクのエースと合同自主トレを敢行。直球が武器であるがゆえに変化球が弱くなる部分を指摘されたという。

 「(千賀に)“変化球が弱くなっちゃうことがある”と教えてもらった。やるべき方向性が見つかった」

 具体的には前に出すぎる肘の位置の修正。現在は動画を見ながら感覚とのすり合わせを行っており「それがやれた時は良い球がいっている」と手応えもある。千賀からは思考面でも刺激を受けたようで「これだけ(野球のことを)考えられるのかというふうに思った」と振り返った。

 1軍キャンプスタートで開幕1軍を目指す6年目右腕。理想のフォームを手にして、飛躍を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月26日のニュース