広島・矢崎 新型コロナ陽性 のどの痛みや38度5分の発熱 球団には濃厚接触者はなし

[ 2022年1月21日 18:36 ]

広島・矢崎
Photo By スポニチ

 広島は21日、矢崎拓也投手(27)が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。

 球団によると矢崎は都内で自主トレーニング中の21日にのどの痛みや38度5分の発熱を訴えたため、PCR検査を受けた結果、陽性判定との診断を受けた。発熱は続いているという。

 現在、管轄保健所からの指示を待っている状況だが、自主的に隔離をしている。また、トレーニング参加者の中に、広島所属選手やスタッフはいなかったため、球団には濃厚接触者がいない。

 矢崎は、20日にメンバー発表となった2月1日からの春季キャンプでは1軍に入っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月21日のニュース