奄美大島で自主トレ中の西武・内海、渡辺、巨人・今村、DeNA・宮国ら津波被害なし

[ 2022年1月16日 22:12 ]

 南太平洋のトンガ沖で15日に発生した海底火山噴火による津波が発生したが、各地で自主トレ中のプロ野球選手には大きな被害はなかった。

 鹿児島・奄美大島では西武の内海兼任コーチと渡辺が、巨人・今村、DeNA・宮国らと自主トレ中だったが球団が無事を確認。同地出身で仙台で新人合同自主トレ中の楽天のドラフト4位・泰(神村学園)は球団を通じて「親戚と連絡も取れて、被害も大きくないので一安心しました。今後も予断を許さないので、引き続き心配です」とコメントした。

 また、静岡県下田市でレッズ・秋山らと自主トレ中の阪神・板山はインスタグラムで「昨晩緊急避難しましたが無事です!」と一時避難していたことを明かしたが、通常通り練習を行う動画を投稿した。津波警報が発令された鹿児島県の沖永良部島で自主トレをしている近本もインスタグラムで「ご心配をおかけしました。僕は大丈夫ですよ。通常通り、トレーニングしてます」と投稿。この日は島民を相手に野球教室を行ったことを報告した。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月16日のニュース