×

松井秀喜氏の元同僚 カブレラが現役引退を表明 東京五輪ドミニカ代表で銅メダル

[ 2022年1月16日 05:30 ]

メルキー・カブレラ(AP)
Photo By AP

 ヤンキースで松井秀喜とともに09年のワールドシリーズ制覇に貢献し、昨年の東京五輪ではドミニカ共和国代表で銅メダルを獲得したメルキー・カブレラ外野手(37)が現役引退を表明した。14日(日本時間15日)、同国のメディアが報じた。

 05年にヤ軍でデビューしたカブレラは、両打ちの巧打の外野手として19年までメジャーに在籍。8球団でプレーして通算1887試合で1962安打、144本塁打、854打点を記録した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月16日のニュース